根津の名銭湯・六龍鉱泉へ

  • 2015/3/29

千代田線根津駅
千代田線根津駅

根津駅2番出口
2番出口を出て東へ。

六龍鉱泉の行き方
上野駅から来た場合は電柱の看板を頼りに小道に入ると

六龍鉱泉の外観
ありました!
のれんのかかった銭湯。
どっしりとした唐破風がたまらない。
のれんに「六龍鉱泉」と書いてあります。

六龍鉱泉の玄関
木の温もりが暖かい玄関。いきなり男湯と女湯に分かれます。一瞬迷ったが黒い文字の靴箱が男で、赤い文字の靴箱が女湯のよう。

すぐに脱衣所なので、写真は撮れません。

 

<料金>

大人 460円

中人 180円

小人  80円

 

<住所>

東京都台東区池之端3の4の20

03-3821-3826

<営業時間>

15時30分〜23時 定休日はげつ

<脱衣所>

脱衣所はまさに「千と千尋の神隠し」に出てきそうな湯屋。古いながらも汚くなく暖かみがある。今にも壊れそうなレトロなマッサージ機が郷愁をそそる。天井にあるファンもいい感じ。外には池があり錦鯉が泳いでいる。

 温泉の脱衣所

引用:台東区浴場組合連合会

壁には漢字とカタカナで書かれた創業年である昭和6年の温泉分析表があり、80年以上続く長い歴史を感じさせる。ここは庶民の憩いの場であったのだろう。当時にタイムスリップした気分に浸れる。

温泉のトイレ
脱衣所からトイレに行く裏側は板張りで、これまた千尋が温泉の奥に行こうと歩いて行きそうな雰囲気。

 

脱衣所からお風呂の中に入ると、古い木の和風造りと、淡いブルーに塗られた西洋風の天井とがマッチしたノスタルジックな世界が広がる。銭湯絵が富士山ではなく錦帯橋なのがまた独特な情緒を醸し出している。広めの洗い場には、ケロリン風の桶のほか、シャンプーやボディソープも2セットほど用意されている。

 

湯船は二つ。どちらも褐色のお湯で効き目が期待できる。

広い方の湯船に入ろうとすると、飛び上がるほど熱い!!おそらく44度ぐらいはあるんじゃなかろうか。軽いやけどをするくらいの熱さですぐさま退散。負けてはいられないと次第にお湯で体を慣れさせ、再チャレンジ。水を入れる蛇口があったので男気がないと思われるのを承知で水入れ。

注意書きがあり「熱い時はうめてください。うめすぎないように注意してください」とのこと。うめる?って言うんだと思いつつ、少々水でうめさせていただく。

そしておそるおそる入水。やっと肩まで入ることができた!嬉しい。

じっとしていないときついのに、この湯船は泡風呂になっているので、ボコボコとお湯がかき回されてこれまた熱い。

隣の湯船を見るとこっちは46度!もっと熱いじゃないか!

すると、さっきまで体を洗っていたおじいさんが湯もみをして、その熱いお湯に平然と入ってきた。

思わず、す、すごいですね•••と言うと今日はぬるい方だと。いつもだと50度くらいの時もあるそう。50度なんて茹で上がってしまうんじゃないか。そんな激アツのお湯を楽しむおじいさんに、江戸っ子の「粋」を見た。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日帰り温泉をご紹介します

Twitterで温泉TVをフォローしよう!

ゆでぐま

ゆでぐま日帰り温泉ソムリエ

投稿者プロフィール

温泉ソムリエの資格を持つ温泉LOVEなくま「ゆでぐま」。温泉が好きすぎて常に溶けかけ…。最も至福の時間は、露天にあるツボ湯で天を仰ぐこと。関東を中心に日帰り温泉を巡っては、その魅力をゆる〜く紹介していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

オススメ日帰り温泉

  1. おふろカフェのカレー

    2015-4-20

    おふろカフェのおしゃれカフェでカレー!

    ロビーの奥に広がるのは代官山などにありそうなこれまたおしゃれカフェスペース。無垢の木の角材を大胆に使…
  2. 横須賀温泉 湯楽の里

    2015-3-6

    横須賀温泉・湯楽の里の料金・営業時間まとめ

    横浜横須賀道路・馬堀海岸の出口を出てすぐ。 東京湾に面した日帰り温泉「横須賀温泉 湯楽の里(ゆらの…
  3. 御谷湯 スカイツリー

    2017-9-24

    【御谷湯】スカイツリーの見える温泉銭湯とは?

    スカイツリーの帰りにもオススメ。半露天風呂からスカイツリーを眺められる温泉銭湯の「御谷湯」。2015…
  4. 横須賀温泉の露天風呂

    2015-3-7

    横須賀温泉・湯楽の里 海を一望できる絶景の天然温泉!

    横須賀温泉・湯楽の里の売りは、海沿いの天然温泉!  ※参照:http://www.yuraki…
  5. 淡島湯温泉 のれん

    2015-4-18

    淡島湯温泉は重炭酸ソウダ・メタケイ酸の褐色湯

    <脱衣所> 脱衣所はごく普通の銭湯の脱衣所。もらった鍵のロッカーを使って着替える。ちなみにドライヤ…
ページ上部へ戻る