淡島湯温泉は重炭酸ソウダ・メタケイ酸の褐色湯

  • 2015/4/18
淡島湯温泉 のれん

<脱衣所>

脱衣所はごく普通の銭湯の脱衣所。もらった鍵のロッカーを使って着替える。ちなみにドライヤーは有料。でも意外と最新式のドライヤーが用意されている。主人の自作であろう、切ったパイプにドライヤーをぶっ刺し、台として使っているのは愛嬌といったところか・・・

<温泉>

銭湯は昔ながらのスタイル!洗い場が並び奥に3つに分かれた浴槽がある。

洗い場は何列にも並び、水とお湯のカラン、上にシャワーもあり。タイルに丸い鏡が懐かしさを感じさせる。(二カ所、立ちのシャワーも完備されている)

淡島湯温泉の風呂桶
桶(昔の名残で第二淡島湯の文字)とイスはあるが、シャンプーなどのアメニティーはないので持参するかフロントで買うこと。

シャンプーやリンス
他にお年寄り用のチェアもあり。

 

お湯は泉質名はないが温泉法で温泉に該当する重炭酸ソウダ・メタケイ酸。薄めのコーヒー色の黒湯。透明度は40センチほど。

 

3つの浴槽は、ぬるめで深さのあるジャグジー、42度ほどの普通の湯、そしてブクブク大きな泡の出る熱湯に分かれている。やはり真ん中の普通の湯で肩まで浸かったり半身浴したりの繰り返しが一番使い勝手が良い。涼むところはないので洗い場で座って休むか、時折足に水をかけたりして休んで、また入る。これが良い。

淡島湯温泉の銭湯絵

引用:淡島湯温泉

富士山の銭湯絵を見ながら温泉を楽しむ。おじいさんから若者まで次々と入りに来て、いかに地元の人たちに愛されているかがわかる。

 

フロント前のロビーにはテレビとソファ。マッサージチェアもあり。

レトロというか住宅街にある昭和の銭湯という感じ。特筆すべき点はないが、近所にあり普通に通うには良いかもしれない。

 

<住所>

東京都世田谷区池尻4-35-25  

<電話>

03ー3413ー6328 

<営業時間>

15:30~00:30

定休日、毎週月曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日帰り温泉をご紹介します

Twitterで温泉TVをフォローしよう!

ゆでぐま

ゆでぐま日帰り温泉ソムリエ

投稿者プロフィール

温泉ソムリエの資格を持つ温泉LOVEなくま「ゆでぐま」。温泉が好きすぎて常に溶けかけ…。最も至福の時間は、露天にあるツボ湯で天を仰ぐこと。関東を中心に日帰り温泉を巡っては、その魅力をゆる〜く紹介していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

オススメ日帰り温泉

  1. 2015-3-29

    根津の名銭湯・六龍鉱泉へ

    千代田線根津駅 2番出口を出て東へ。 上野駅から来た場合は電柱の看板を頼りに小道に入ると …
  2. 2015-5-20

    天然温泉ゆの郷 スパ ヌサドゥアに笑神様が…

    埼玉県川口市初の天然温泉付き日帰り温泉という天然温泉ゆの郷 スパ ヌサドゥア。 日本テレビ「笑神様は…
  3. クーポン

    2015-4-13

    furocaチャージの有効期限が2年に変更!

    らくスパ鶴見や極楽湯などで使える会員サービス「furoca」の約款が変更。 プリペ…
  4. 志楽の湯

    2016-12-6

    縄文天然温泉 志楽の湯のここがすごい!

    縄文天然温泉 志楽の湯の場所 最寄り駅は矢向駅。徒歩で6分ほど。車でのアクセスの場合、駐車場は住宅…
  5. 黒川温泉

    2015-4-15

    黒川温泉を舞台にした映像作品が美しすぎる

    黒川温泉を舞台にした幻想的な物語。 古事記の天の岩戸伝説で踊られた神楽の舞が 今でも黒川温泉に残…
ページ上部へ戻る